Plug and Play Ventures

Plug and Play は、シリコンバレーの本社を中心にシード・アーリーステージのスタートアップに投資しています。日本では、シード・アーリーステージの国内スタートアップを対象とし、Plug and Play のアクセラレータープログラムへの採択の如何や事業領域を問わず、グローバル展開を目指すスタートアップへの投資を行います。

  • 162
    Investments in 2020
  • $108k
    Average Check Size in 2020
  • 12
    Portfolio Exits in 2020
  • 4
    New Unicorns in 2020
  • 67%
    Seed Stage Investments in 2020
  • 31%
    Early Stage Investments in 2020

資金調達を検討されている皆様へ

1. グローバルで1,000社以上の投資先

Plug and Play Ventures は、シリコンバレーに本社を置くベンチャーキャピタルです。グローバルで1,000社以上のポートフォリオ企業を有します。

これまで、Dropbox (NASDAQ), Honey (acq. PayPal), LendingClub (NYSE), PayPal (NASDAQ), Guardant Health (NASDAQ), Kustomer (acq. Facebook), Apply Board, BigID, Course Hero, Hippo, N26, Rappiなど、多数のユニコーン輩出の実績があります。

私たちは、世界中のTop Tier ベンチャーキャピタルと共同投資を行ってきました。日本国内でも、事業領域を問わず、シードからアーリーステージを対象に積極的に投資してきます。

2. 充実のサポート体制

世界30拠点以上のネットワークを活かし、事業の推進を全面的にサポートします。
Plug and Play は、ベンチャーキャピタル投資以外にも幅広い活動を行うイノベーション・プラットフォームです。Plug and Play ならではのアセットを、投資先の企業に対して惜しみなく提供します。

3. 魅力的な企業パートナー

Plug and Play は、世界500社以上・国内40社(2021年1月現在)の大企業とパートナーシップを締結し、スタートアップとの協業を通じてオープン・イノベーションの支援をしています。
企業パートナーの経営層や新規事業担当者など、意思決定者とのマッチングの機会を提供することで、投資先企業の事業創造をサポートします。