TIL Inc.
ティ・アイ・エル株式会社

Overview

目の届かないクローズドな現場では、事故、コミュニケーションミス、クレームなどのトラブルが発生している可能性があります。そのようなトラブルを解決し、現場の働き手をサポートするためにAIボイスレコーダーソリューションを開発しました。現場でのコミュニケーションを全てテキスト保存し、あらかじめ設定された禁止語句や大声などをAI が検知するとオペレーションセンターへ自動通報し、訪問先や密室でのトラブル発生を防ぎます。
また、テキスト保存されたデータは担当者・日時・場所・単語等によって検索ができ、事故対応時のエビデンスとして活用することが可能です。さらに、トラブル対応だけではなく、音声データはサービス・営業品質の向上やマーケティングにも活用できます。

これまで人に依存していた現場のノウハウをデータ化することでサービスのパフォーマンスを最大化させます。主に介護施設、不動産、サロン、マッサージ店、コンシェルジュデスクなどの現場での活用が想定されています。車両のリモートキーオープンから位置情報把握、決済機能までを搭載したシェアカー事業社向けサービスプラットフォーム、「Mobility Controller」も開発しています。
2019年に北大認定ベンチャーとして採択されました。開発メンバーも北大出身者で構成されています。また、過去には読売新聞、産経新聞、プレジデントオンラインなど日本大手メディアに取り上げられています。