Summer/Fall 2019 Summit

18-19 September 2019

2019年6月〜9月期に実施した「Summer/Fall 2019 Batch」では、 5テーマ(Fintech、Insurtech、IoT、Mobility、Brand & Retail)において、公式パートナーである国内大手企業31社と共に、国内外併せて69社のスタートアップを支援しました。成果発表会であるSummit(各テーマの成果発表会はEXPOと呼称)では、2日間を通して61社のスタートアップが3ヶ月間の成果を発表。来場者は2日間合計で2,004名となりました。

Zoi Meet B.V.

国際会議を瞬時翻訳・表示し検索編集可能テキストファイルを自動記録するスマートコミュニケーションツール

ビジネスの場で行われる複数言語での会議で、その内容を即座に複数言語に翻訳し、より良い相互理解につながるサービスを展開しています。Zoi MeetのAI業務ソフトウェアを通じて重要な会話内容が貴重な知見へと一変し、翻訳した内容の見直しや検索、編集、共有をあらゆるデバイスから行えるようになります。また、弊社独自の特化型AI学習法を適用して企業の社内用語や業界用語に対応できる専用のマイクロエンジンを作成しています。

▶︎ Visit their website

inaho株式会社

収穫適期の野菜のみを自動で判断して無人で収穫作業を行う人工知能を駆使した自動野菜収穫ロボットを提供

野菜収穫ロボットを中心とした農業生産プラットフォームを提供。AIを用いた事業開発、また一次産業向けソリューションを提供しています。

▶︎ Visit their website

Digicro Pte Ltd

カンボジア非銀行利用者向けに、AIを活用したオンライン小口融資事業を展開

自社アプリ『Spean Loan』を通じてカンボジアの非銀行利用者層に50~1000ドル規模の小口資金を融資しています。機械学習を用いて顧客のスマホから得たビッグデータを活用しており、時間や場所を選ばずに資金を借り入れられます。

▶︎ Visit their website

リーウェイズ株式会社

不動産取引情報やマクロデータをAIで解析し、不動産の将来価値の予測を可視化する不動産評価モデルを開発

2014年に創業し、「Gate」というサービスを提供しています。2021年までにIPOを行う計画です。

▶︎ Visit their website

ELXR

DNA情報をベースにしたフィットネス・トレーニング・システムを構築するパイオニア

フィットネスおよびライフスタイル業界で見られる「ずれ」に対応するべく創業し、技術と科学を活用したソリューションを提供して今までにないスポーツライフスタイルを作り出すことを目指しています。ELXRの事業は、採取した唾液を提出するところから始まります。将来的には、ネット上やリアル、トレーニングの現場や現場外での取り組みを通じてフィットネスの活性化と情報収集を図り、全ての市場のコミュニティーを網羅する予定です。モチベーション、すなわち人々に楽しみながら変身してもらうことが、同社のビジネスの核心といえます。

▶︎ Visit their website

株式会社NOVENINE

歯科領域における健康管理/疾病予防サービス及び製品の開発と販売

日本の医療費は年間42兆円を超えており様々な抑制策が実行されていますが、目立った効果は出ておらず、また歯科を主体とした取り組みは現状なされていません。近年、歯周病や虫歯による歯の欠損を素因とした口腔機能の低下により、全身のフレイル(虚弱)が惹起されることや、透析や脳卒中などの重篤な疾患は歯周病及び虫歯が発端となっていることを示す「メタボリック・ドミノ」という概念が報告されています。そこでNOVENINEでは、医科歯科連携の実現を通じた健康寿命の延伸とQOLの向上を目的として、歯周病と全身のバイタルを歯磨きの時に非侵襲でモニタリングし、かつ十分なオーラルケアを実現できるスマート歯ブラシと、それに付帯するサービス及びデータプラットフォームを開発し社会実装していきます。これにより、ユーザーに対しては予防医療の当たり前化や疾患の早期発見、受診勧奨を実現し、社会に対しては医科歯科連携・地域包括ケアシステムの充実を実現できます。またその他に、遠隔歯科相談サービスや、個々のユーザーにとって最適なオーラルケアグッズの定期配送サービスなども行っています。

▶︎ Visit their website

ContinUse Biometrics Ltd.

服を着たままBiometricsデータを所得(非接触)

ContinUse Biometricsの検出プラットフォームでは、ユーザーとの物理的な接触を必要とせず、(血圧を含む)バイタルサインや心音・呼吸音の聴診といった様々な生体パラメーターを遠隔で同時に計測できます。自社もしくは提携先で開発したAIの先進技術を活用して収集したデータをクラウド上で分析し、様々な環境やユーザー(患者、高齢者、運転手など)に合わせた予防的ケアソリューションを提供します。

▶︎ Visit their website

株式会社アジラ

人間の動作などの行動を分析するAI

2015年創業、機械学習を活用した画像認識・映像認識系のソリューション事業を展開しています。2018年にAI-OCRサービス開始、2019年行動認識に関する三つの特許取得、その発展版となる違和感検知の「アノラ」開発中です。

▶︎ Visit their website

is it fresh

独自のセンサーとNFCチップを組み合わせたフレッシュタグで食品サプライチェーンをデジタル化

ドイツの最大規模の研究機関から分社化する形で2012年に創業。研究開発部門を含む本社と製造部門はドイツにあり、韓国のソウルに支社があります。数多くの知的財産を保有しており、名誉ある賞を多数受賞してきました。EUが高い競争力を確保するために重点的に取り組んでいるフレームワーク・プログラム「ホライズン2020」を通じて支援をいただいています。また、同社の顧客ベースには世界で各市場をリードする優良企業が含まれています。

▶︎ Visit their website

株式会社アクアビットスパイラルズ

ICチップを内蔵したバッテリー不要デバイスでスマホをかざすだけで瞬時に情報を取り出すスマートプレート

1990年のクリスマスにティム・バーナーズ=リーが発明したWorld Wide Webの最大の貢献の一つはインターネット上のコンテンツを誰もがハイ パーリンクで繋げられるようにしたことです。そして同じことがこれから現実社会でも起こっていく。リアルなモノがWeb上のコンテンツとつ ながっていくのです。 私たちが描く未来・創る未来はモノから情報を直接取り出す世界です。あらゆるモノにスマホをかざすだけで情報がひらく。そんな未来を創るためにアクアビットスパイラルズはハイパーリンクを再発明して誰もが簡単にモノと情報をつなげられるようにしました。それが「モノのハイパーリンク= Hyperlink of Things®」、モノと情報をつなぐ「ラスト1インチ」を担う技術です。基礎技術であるNFCは当初Androidのみ対応でしたが2018年9 月には遂にiPhoneにもネイティブ採用され、いよいよ未来へのドアが開きました。日本・アジア・欧州と世界中のコンテストで評価されてきた ビジョンの実現に向けて、同社はさらに加速していきます。

▶︎ Visit their website