• About Plug and Play
  • Anniversary

Plug and Play Japan 4th Anniversary | Plug and Play Japan 4周年

2021/07/21


Phillip Vincent

Plug and Play Japan CEO & Managing Partner


Plug and Play Japanは4周年を迎えました!ちょうど4年前の2017年7月14日に、日本支社を立ち上げました。

この4年間、Plug and Playだけではなく、日本のスタートアップエコシステムも劇的に変化してきました。私たちは、このエコシステムの構築にできる限り貢献していくという使命を持って出発しましたが、その過程で同じビジョンを思い描く方々との出会いもありました。まずは、私たちが歩んできた道のりを振り返っていきたいと思います。

2017年は、日本でスタートアップとオープンイノベーションが大きく注目され始めた年です。この年に私たちは、国内の主要なイノベーションハブのひとつとなるであろう東京の地に、オフィスを作ることにしました。

日本のスタートアップエコシステムは少しずつ立ち上がってきていたものの、当時は目立たず、国内ですらその価値や重要性においてほぼ認知されていませんでした。多くの国でスタートアップやベンチャーキャピタル、またスタートアップの支援機関が誕生していたにも関わらず、日本での活動は世界的に見ても小さかったのです。

そのため2017年にPlug and Play Japanのローンチイベントを開催した際に、「ベンチャー支援の黒船」と全国テレビに取り上げられたのは、当時の日本のスタートアップエコシステムが、まだグローバルに開かれていなかったためかもしれません。

「黒船」という用語は、1853年に日本に上陸した4隻の船を指します。250年間の鎖国に終止符を打つきっかけとなった、ペリー提督の遠征隊の来航です。偶然にも、ペリーと彼の乗組員が上陸を許可された日は、Plug and Play Japanが設立された7月14日でした。

黒船は日本に貿易を開始するよう圧力をかけたこともあり、当時の日本では敵対視されていたと言ってもいいでしょう。そのため、Plug and Play Japanが「黒船」と表現された時は正直なところ複雑な気持ちになりました。一方で、日本の近代化に大きな影響を与えた歴史的な出来事に例えられていることを誇りに思います。

今日まで4年間、私たちは多くの活動を行ってきました。特にこの1年は、世界的な緊急事態下であったにもかかわらず、注目に値する成果を挙げることができたのではないかと思います。2020年8月には3つ目の国内拠点であるPlug and Play Osakaを立ち上げ、7社の創設パートナーと共に、当時7つ目となるアクセラレータープログラム「Smart Cities」を開始しました。同年9月にはアクセラレーターコミュニティを越えて、スタートアップと投資家が一堂に会する場を設けるべく、オンラインとオフラインを組み合わせたハイブリッド型イベント「STAGE」を開催しました。年間2回にわたり実施しているアクセラレータープログラムでは、3か月という期間で、これまで以上にスタートアップと企業パートナーのエンゲージメントが見られました。そして先月、プログラム卒業生や企業パートナーの皆様を招待した大規模なコミュニティイベント「PLAT」を初の試みとして開催し、協業サクセスストーリーや卒業生スタートアップの活躍を共有しました。

この4年間で日本のスタートアップエコシステムが、どのように進歩してきたかについても振り返っていきたいと思います。東京は規模の小ささからスタートアップエコシステム都市として認識されなかった2017年から、現在ではさまざまなエコシステムランキングで世界のトップ15〜20にランクインするまでとなりました。京都、大阪、福岡、名古屋などの都市も、国内外で注目のエコシステムとして認知されるようになってきています。

多くの大学も、起業家教育やスタートアップインキュベーション、資金調達に力を注ぎ始めました。3年前に立ち上がったJ-Startupをはじめとして、国や地方自治体が主体となり、海外市場に挑戦する国内スタートアップを支援する取り組みも大幅に増えています。そして最も重要なのが、国内における意識の変化です。スタートアップと共創することや、起業に対して懐疑的なイメージを持たれることが多かったものの、今ではなくてはならないものと捉える人が増え、むしろ起業やスタートアップとの共創を行わないことに危機感さえ覚える人々が増えたのです。また過去数年間に巨額のファンドが多数組成され、海外の投資家から出資を受ける国内スタートアップの数も増えています。COVID-19の影響によりデジタル化の必要性が急速に高まりをみせたことで、今こそ先進テクノロジーで社会を変えていくスタートアップへの世の中の認識が変わろうとしているように思います。危機的状況からイノベーションは生まれますが、パンデミック以降に日本で創出されたビジネスも未来を作りリードしていくビジネスへと成長していくのではないでしょうか。

これまでと比較してみても、アクセラレーターやインキュベーター、ベンチャーキャピタリストやコワーキングスペースなど、過去最も多い数の組織や団体、コミュニティが、スタートアップ・エコシステムを支えており、日本にオフィスを構えるグローバル企業も増えてきました。質・量共に、イノベーションを促す環境が充実してきた今、これまで以上に日本を牽引するビジネスが生まれることへの期待が高まっています。

Plug and Play Japanの設立記念である今日は、私たちが歩んできた道を振り返ると同時に、スタートアップ・エコシステムを発展を目指し、共に旅をしてきた人々に改めて感謝する機会にしたいと思います。Plug and Playコミュニティやその枠を超えて、何らかの形でスタートアップエコシステムにポジティブな影響を与えるべく取り組んできた全ての企業パートナーやスタートアップ、関連企業の皆さま、そして私たちを支えてくれた友人や家族に感謝を伝えたいと思います。これからも、私たち全員が学び、共有し、周囲に還元し、お互いをエンパワーできるコミュニティ構築を継続していきたいと思います。

イノベーションには推進力が必要です。Plug and Playはイノベーターが最善を尽くし続けることができるよう、働きかけ、橋を架け、障壁を打ち破り、一人一人をエンパワーし続けていきます。

Happy 4 year anniversary to Plug and Play Japan! 4 years ago on July 14th, we officially established our entity in Japan.

There is much to reflect on how Plug and Play has evolved over the years but also how the startup ecosystem in Japan has drastically changed as well. We set out with a mission to make as big of an impact as we can to this ecosystem and on the way have met so many people with the same vision. First, I would like to take this moment to see how we arrived here.

Back in 2017, the startup and open innovation boom was quickly rising in Japan and we wanted to seize the opportunity to build our office with the potential to grow into one of the major innovation hubs in the country.

You can say the startup ecosystem in Japan was beginning to blossom but was not prominent or nationally recognized as a substantial one at the time. There were enough startups, venture capital and supporting stakeholders to recognize the trend had hit Japan as it did in so many other countries around the world, but the overall activity was small compared to its counterparts.

This is maybe why when our launch event in 2017 was picked up by national television, they were quick to label us the “Startup Support Black Ship” as the whole startup movement in Japan was still very much domestic focused and we were there to change that.

The term “Black Ship” refers to the series of ships landing in Japan, namely led by Commodore Perry’s Expedition that saw his 4 ships reach Japan in 1853, ending a 250-year national seclusion. Coincidentally the date that Perry and his crew were allowed to land was July 14th, the date in which Plug and Play Japan’s entity was established.

We had mixed feelings with this moniker as the black ships were viewed as potentially hostile as they pressured Japan into opening their country to trade. On the other hand, we felt proud that we were being compared to such a historic occurrence which overall had a huge impact on Japanese modernization.

Fast forward 4 years later to today, and we have accomplished many feats.
Carving out just this past year, and despite the difficulty throughout this crisis, we have had some major highlightable achievements. Last August we launched Plug and Play Osaka, our third office and Smart Cities program, our seventh vertical accelerator at the time with our 7 founding partners. In September, we hosted STAGE, a hybrid online/offline event bringing together startups and investors outside of our accelerator community. We ran and completed two terms of fully online accelerator programs that saw record number engagements between startups and partners during the 3 month span. Just last month we held our first large community event, PLAT, in which we invited all of our previous program alumni and partners to pitch and share some of our recent success stories.

To date, we have accelerated over 600 startups in our programs across our 9 vertical programs across 3 of our offices in Japan, Tokyo, Kyoto and Osaka. Around half of these are domestic startups while the other half come from all corners of the world. We have partnered with 61 corporations in Japan to date, supporting these companies with their open innovation strategy and introducing them to the startups. We have made 6 startup investments into what we think will be global businesses. We have made many other countless partnerships with Universities, Governments and more, to realize our mission of creating the largest innovation platform in Japan. Our team that supports this has grown from 1 to 44 full time employees across the 3 offices.

At the same time, we also like to reflect on how Japan has advanced its startup ecosystem in the last 4 years as well. Tokyo went from being not recognized as a rank-able startup ecosystem city back in 2017 due to not enough data and activity, to being typically ranked between the top 15 – 20 ecosystems in the world on various ecosystem rankings. Cities like Kyoto, Osaka, Fukuoka, Nagoya also have become recognized both domestically and internationally as up and coming ecosystems as well.

Many Universities began doubling down on their entrepreneurial education, startup incubation and funding. National and local governments increased their number of initiatives immensely with projects such as J-Startup that was created 3 years ago to support top domestic startups that challenge overseas markets. Most importantly, we have seen the change in mindset of the people in Japan shift from skeptical to urgent when working with and creating startups. Massive funds have been created over the last couple years with larger rounds of investments to domestic startups with even some participants from overseas investors. With COVID-19 drastically accelerating the need to go digital, we feel Japan is reaching its tipping point when it comes to reliance on startups. We are all familiar that crisis breeds innovation and will look at the business created in Japan post COVID-19 as some of the leading businesses of the future.

We look around today and see the greatest number of startup accelerators, incubators, venture capitalists, co-working spaces, and many other startup support stakeholders, with many more of them global companies creating offices in Japan. We are now more excited than ever about the potential of quality and quantity innovation seeds that are being created here.

Our anniversaries at Plug and Play Japan is an opportunity to look back on how far we have come and at the same time appreciate the people that have contributed to this journey. We would like to thank all of our partners, startups, supporters, friends and family within the Plug and Play community and beyond that has in one way or another created a positive impact to the startup ecosystem. Our company and community exists so that we can all learn, share and give back to each other to make each other stronger.

Innovation requires impetus. Plug and Play will continue to create movements, build bridges, break barriers, empower individuals so that innovators can continue to do what they do best.

-

Plug and Play Japan の最新ニュースをNews Letter でお届けします!